高機能金属展2015

2015年4月22日


こんにちは、エクスキューブの可児です。

今回は高機能金属展2015のブースを作成しました。
毎回お仕事を頂いている大同特殊鋼さまのブースです。

パースは2案提案したうちのこちらのブースが採用されました。

コンセプトは、可能性、未来感です。
未来へ広がっていく様な流動的なイメージをR形状を多用したデザインにてデザイナーさんにオーダーしました。
真ん中のオブジェは、「大同特殊鋼の総合力を表現するパネル」として提案しております。
広がっていく先に大同特殊鋼様のカテゴリーを記入し、様々な技術の中で今回はこの製品を出展しています。というメッセージパネルです。

コンセプトは担当の方の意見をかみしながら、決めました。
大同特殊鋼様の製品は、形がなく、お客様に合わせて、時代にあわせて対応する製品。

飛行機や電子関係、車、医療などすべてのモノづくりと関わり、新しいモノを作る可能性があります。
そうして、共に未来を作っていきたいという思いでのコンセプトです。
「モノづくりは未来づくり」だそうです。深いですねー。コンセプト考えるのってたのしいですよね。

こちらが現場写真です。

あれ?メインのオブジェがない、、とか思わないように!笑

オブジェはパネルを優先するためになくなってしまいました。。。
最後までつけるか付けないかで議論されたそうなのですが。残念!
確かにパネルを優先した方がよいと思います。あくまでオブジェなので、、

展示会なので、分かりやすくしたい、かつデザイン性も大事ということで色々考えてこのようなデザインに落ち着きました。

サインの見せ方にはとてもこだわっております。
見た目だけではなく、伝える手段として、展示会でのサインはとても重要な役割なので、、
来場者さんが見たい製品があったとしても、有無に気がつかなければ、素通りしてしまいます。

なので、カテゴリーをはっきりサインするだけではなく、パネルの上部にも各パネルのキャッチとなるものが遠くからでも分かるように展開してます。
これは担当者さんのこだわりです。グラフィックデザイナーさんが、上手にパネルとサインを絡めてデザインしてくれました。
ありがとうございます!

じゃん!今回はプロジェクターで映像を展開!!!
プロジェクター、、ずっとやってみたかったんです。
このボーダーがうまく影を作りプロジェクターを見せております。

音と映像があるとブース内が一気に明るい印象になります。

その下には、ハンドボール優勝グラフィック!!
すごいー!おめでとうございます!
急遽グラフィックで展開しよう!!ということで、展開しております。
営業さんのトークの引き出しにも使って頂けたら。。

今回も色々大変でしたが、
大同特殊鋼様を表現するブースができて本当に良かったです。

木工業者さんが、ジニーリフトを使いボーダー頑張ってあげてくれました。
表具もボーダーもかっこ良く素早く作って下さって、感謝感謝です。

皆さんお疲れ様でした。